「A Person」

์‹ศ:Daniel@์ŽŒ:—SŠ๓@•า‹ศ:—๋
照りつける蝉の声
幼さで繋ぐ指

振り返るあの夢の
眩しさは褪せなくて

忘れられるかな?
君の事も

耳を塞いでも
明日は来て

遅すぎた僕じゃ
届かなくて

紡いでた日々を仰ぐ


帰れない夏の変えれない別れ
背を向ける君が焼き付いたままで


苦しんだ君の選んだ幸せ
最後の笑顔があまりにも痛く

忘れられるかな?
君の事も

耳を塞いでも
明日は来て

遅すぎた僕じゃ
届かなくて

紡いでた日々を仰ぐ

進む今日も辛い過去も
消し去って

呼ばれるように
君を見つけた日へと
もう一度 行けたなら